大手がいいか、中小でもいいか?

よく聞かれるのは家を買う時、借りる時、不動産会社が大手がいいか、それとも地元の業者がいいか。

基本的にはマンションや戸建ての所有者から媒介の依頼を受けた業者は業者間の情報ネットに掲載する。

このWEBサイト東日本レインズというもので、不動産業者しか閲覧することができないが。

今は情報を共有しなくてはいけないルールがあるので、基本的には大手も中小も変わりはないが、中には物件登録しないで仲介している会社もある。

地元の不動産屋が古くからの付き合いで大家さんから、将来的に売りたいとか貸したいという情報を持っているケースもあるが、極めて少ない。

大手が特殊な情報を持っていることもない。

なので、大手も中小、も多くは変わりはないということなんだけれど、

賃貸は法的に定められた告知義務もしていない会社もたくさんあるのが実態。

さすがに大手はこういう違法、脱法行為をする可能性は極めて低い。

売買については契約書から重要事項説明書から法的な規制もかなり厳しい、しかも契約引き渡しまでに用意しなければいけない書類も多い。

どういうわけか、事務手続きに関しては売買は大手も中小も変わりはない。

情報の部分も多くの変わりはない。

でも、どのくらい親身になってくれるかという見方をすると

大手中小ではくくれない。

ですから、ブランドを信じすぎると失敗します。

仲介は大手は安心なんてこともありません。

中小の方がいいとも言えません。

そうです!担当者次第です。

できれば不動産会社を誰かに紹介してもらうことが一番です。

するとしかるべき営業マンが担当することになりますから。

会社よりもとにかく担当者です。