新年あけましてガリレオ2!他県でガリガリした結果前編

皆様、新年明けましておめでとうございます。という挨拶も、今年で31回目か(笑)夜間のホテル廊下で大声を出す外国人観光客に舌打ちしつつ、こんなことならもう少し高い宿泊施設を予約すればよかったと新年早後悔。とりあえず、このホテルの口コミには外国人観光客がうるさい。シャーラーッ!!と書き込むことにする。彼らはまず、日本の正月の趣を知るべき

とまぁそんなわけで、今年も他県のガリレオ目的で近くの安いビジネスホテルに泊まった俺。写真は、最初に選んだ席で高オッズ495のクルーン黄1桃1という状態。ここを選ぶ意味も、一応わかっているつもりだったが

個数は60を越えており、クルーンはどのサテも2つ以下なら多少の減りなど関係ない。スロットは揃わないが、ボーナスゲームでは100プレートからの後付け5倍

幸先はいい。ただし、これで奇数を揃えるのがさらに遅くなった

用意したメダルは前回の余り1700枚は、すぐに溶け追加で3999枚サービス分の1000枚。この一万円も、ガリレオへのお年玉と思えば安い

って、なんかメダル用意してる間にレーンがおかしなことになってますケドォー!?あ、念のために書いておくとじゃないよ。単純にボールが詰まってるだけw店員呼べばすぐに解決だけど、もうこの時点でやらかしてる

だって俺のサテ奇数揃いで、その上にピンクが引っ掛かってる。詰まりが解消されてももう手遅れ

おいっ!!人がせっかく穏やかな気持ちで遊んでたのに、新年一発目から糞メンテのせいでピンク掴ませやがって。オッズ495での不可抗力のピンク投入により、昨日のキチガイ外国人と並ぶほどの非常識さに怒りを覚える

が、これとよく似た事件を過去に俺は体験している。ここで我を忘れるようでは最低限の目的さえ果たせない

そのあとすぐ、ガリレオモード中に奇数揃い昇格でチャンスクルーン4球でこれ(笑)

オッズ500での60球越え獲得なら、万枚コースの可能性もある。2018年の幕開けに相応しい一発を頼むぞ!

うん、まぁ、おみくじで言えば末吉ってとこか(笑)

オッズはピンクで50015へ。というかこの1サテライト、オッズが終了した時点で続ける理由がまったくないので素早く席移動

最初の席では2500枚ぐらい飲まれたため、残り4200枚で今度は7サテ。どう見ても失敗後でフィールドにボール散乱オッズ15という状態

予想通り、ボーナスは5倍確定でガトリングキャノン(青炎)。25もあったけど、引いたのは10

これでフィールドの大掃除。チャージ狙いの色分け?そんなもんは、要所でやればいい。それに2の場合、色分けしてる最中でスロットが死ぬから妥協する気持ちの切り替えが大事

当確保留もいい感じのところで

5球目が埋まったのはいいけど

フィールドはごちゃごちゃ(笑)ともあれ、本日二度目のチャンスは外れたんだけど、さっき言ってた要所がきたので上段右のピンクと緑の位置に注目。そして次の写真

ふん、腕は衰えてないようだな。これをやれるのは、俺の知り合い以外ではどれぐらいいるだろうね

色玉2つを前に出し、しかもガリレオモード中にあわよくばチャージ付加からのスクランブルを狙う俺の完璧な立ち回り!ふははっふははっ

なんか笑ってるうちにスルーされたっぽいけど、緑で着火は予定通り

300ぐらいまで、上げてほしいですね

120かまぁヨカロ。てかスクランブル待ってるけど来ねーし

バルーンでは、空気入れて抜いてを繰り返しての低空飛行でかなりの時間スクランブルチャンスを待つことができるが、最後は自動で破裂して2枚獲得w

クルーンはリーチがかかっているので、色玉を左へ流しつつ高オッズのままを狙いたいんだけど

ボーナスの払い出しは、スペシャル5倍で約1000枚。フィールドの青玉を進めてしまうのは仕方がない

当確保留多数点灯でオッズ465、なんとか青玉が落ちる前に5球目を埋めたい

YES

個数も、開始から自分一人で6174個まで上げての3回目の挑戦

を失敗し、色分けも失敗したところでダブルアップで火の鳥出現!

この四桁払い出しで自分の失敗を有耶無耶にしたところでオッズ死亡

手持ちメダル的には、大して減ることなく(というか増えてる?)ゲームが進行しているが、後半になればなるほどガリレオの深みにはまっていく

ちょっと見づらいけど、4回目のチャンス。が、これも中央の穴を横切り外周へ吸い込まれる。くそっ、これは結構マズイ空気になってきたぞ

その動揺からか、左上のピンク見送りを許すという熟練プレイヤーにあるまじき失態。軽く遊んでいるように見えるかもしれないが、俺にはこの2日しかない。撤去の可能性も考えると、やれるうちに納得のいく結果を出すそのプレッシャーを感じつつ思考を巡らせる俺と正月気分で浮かれている連中とでは、根本から違う

その違いをわかりやすく説明するなら、この5回目のチャンス。先程のメダルも、この時点では半分ほどになっているだろうけどこの抽選も失敗。だが、ここで折れていてはメダルゲーマーを名乗る資格なし

気付いた人もいるかもしれないが青玉の位置これこそ、この男がまだ折れていないことの証明

サブホでの、初代ガリレオ時代を思わせる底力でひたすら待つ。そう、ここからは待つオッズ255、フィールド黄色のみでガリレオモードになるもスルーされ

5球目が埋まり、6回目のチャンスはオッズ420。個数も80個を越え、さすがに他の席にも一般客が座り始める。フィールドにも緑2個、ここで入れなくてはならないのはわかっているが

それと同時に、入らなかった場合どうするかを常に考えた今回の立ち回り。ダブルアップ中にスクランブルチャンスが発生、抽選時と同等の緊張が俺の意識を揺さぶる

皿にピンクが落下した時の歓喜を、どう表現していいものかそうだな、去年もらった冬のボーナス以上の喜び(笑)

左から黄色4個、最速で落とす!!命に変えても!!!スクランブルを知らない人から見れば、間違いなく突然狂ったようにしか見えない狂喜の表情で両手が壊れる勢いでぶん回す!3球落とした時点で3915枚確定、ということは?

ガリレオファクトリー、爆殺なんかもう、天命を全うした気分

いや、まだやるべきことが残っている

3倍スクランブルで7000枚近い払い出しを終え、しばらくしてから7回目のチャンス。個数はついに91個、オッズは15に戻ってしまったが新年一発目のは毎年ガリレオ2だからいい加減そろそろ入りやがれ!

なかなか手こずってるが、そうでなくては面白くない。後編へ続く〜